人差し指を立てる女性

レーシック治療

検査と手術の手順

マスカラを塗った睫毛

福岡のレーシック病院でレーシックを受ける場合の基本的な流れを紹介します。最初にネットの予約フォームか電話で検査予約をします。検査予約をしたら、予約日時に病院に行って適用検査を受けます。視力の検査や角膜の厚さやカーブの検査、目に疾患がないかどうかの検査があります。検査を受けてレーシック適用と判断されれば、手術が可能になります。医師と相談しながら、希望の手術メニューを決めます。 手術の数週間前からコンタクトなしで生活し、目に負担がかからないようにしておく必要があります。手術当日は遅れないように病院に行き、最終的な検査を受けてから手術に臨みます。手術は20分〜30分で終わります。麻酔の効果があるので無痛です。

最新の手術ができる

福岡県にはレーシックで視力を回復して新しい生活を満喫している人が沢山います。レーシックはマイクロケラトームという器機で角膜を薄くめくってフラップを作成し、エキシマレーザーを照射して近視や遠視などの屈折異常を正常に戻す手術です。福岡のレーシック病院では最新のレーシック治療ができるので、旧式のレーシックよりも最小限の出力のレーザー照射で屈折異常が矯正できます。そのため目に負担が少なく、視力が後戻りするのを抑制できます。 また、福岡の病院ではレーシック手術後のアフターケアもしっかりしてくれます。10年以上の長期保証制度がついた手術メニューもあります。保証期間内であれば視力が元に戻った場合に無料で治療をしてくれます。