人差し指を立てる女性

特徴

茶色の瞳

フラップと呼ばれる角膜に作る蓋をレーシック手術では作成しますが、通常のレーシック手術ではマイクロケラトームによって作成します。 これに対して最新の現在トレンドとなっているイントラレーシックと呼ばれる手術法ではコンピュータ制御によるフラップの作成であり、より精度の高いフラップが作成できます。 福岡にはレーシック手術を扱うクリニックが多数ありますが、この最新のイントラレーシックを扱えるクリニックも徐々にですが増えつつあります。この手術法ならば、フラップの断面やヒンジ部分も精度の高い仕上げを期待できるため、より強度の近視も矯正しやすいというメリットがあります。 福岡では大手チェーンのクリニックをはじめ、積極的に最新技術を取り入れているクリニックも複数あるため、この手術法による矯正も選べます。

他県から受診する人も多くいるなど、福岡はレーシック手術を扱えるクリニックが多数あり、設備や医療スタッフの水準も高いと言われています。その福岡でレーシック手術を受けるにあたっては、基本的に他地域と同様の流れとなります。 福岡のクリニックのほとんど全てが予約制となっており、まずは電話やクリニックのホームページから予約を申し込みます。予約日に来院すると受付で保険証や本人確認があり、受付後に検査を行います。 検査では患者の眼の状態を精密検査することで、レーシック手術の適応性などを調べます。検査で問題が無いとわかると、カウンセリングを行い検査データを元に患者への説明や相談を行います。 カウンセリングで手術スケジュールを決定した後に、手術とその後の検査を行うのが一般的な福岡でのレーシック手術の方法と流れです。