人差し指を立てる女性

視力を取り戻す

手術前後の注意点

白衣を着た看護師

福岡でレーシックをするときには手術前と後に注意しなければならない事が沢山あります。普段コンタクトをしている人は手術をする前にメガネに変える必要があります。基本的にソフトコンタクトレンズの場合は手術の一週間前から、ハードコンタクトレンズの場合は手術の二週間以上前から装着は厳禁です。 福岡の病院で行われるレーシック手術は数十分で終わる簡単な手術ですが、それでも手術に変わりないので体調管理に気を付けておく必要があります。手術の前日と当日はアルコールを控えるなど体調を整えておくことをお勧めします。 手術後視力が回復するまでにだいたい一週間〜一か月くらいかかります。手術の翌日と一か月後の定期検診は必ず行くことが大事です。

手軽にできるレーシック

これまでは視力が悪くなったらメガネをかけるか、コンタクトを装着して視力を矯正するのが普通でしたが、今はレーシック手術をすれば視力が回復します。レーシック手術は角膜を削って屈折異常を治す屈折矯正手術です。手術をするには角膜に厚さがないとダメですが、最近はレーシック技術が進化し、以前なら角膜が薄くてレーシックができなかった人でも手術が出来るようになっています。 福岡で出来るレーシック手術は20分〜30分ほどと短時間なので体への負担が少なく、手術中は点眼麻酔をするので痛みもまったくないので安心です。レーシック手術をして麻酔が切れたらすぐに帰宅できます。福岡にはレーシックの適応検査と手術が同日にできるレーシッククリニックもあります。